番町の町並みを守る会
文字サイズ  
トップページ > 情報 > 共同代表・基本方針 ​決定のご報告

共同代表・基本方針 ​決定のご報告

番町の町並みを守る会の共同代表および基本方針が決まりましたのでご報告申し上げます。
千代田区役所まちづくり課に12/27に提出いたしました。

 

​「番町の町並みを守る会」共同代表および基本⽅針決定のご報告

2018 年 12 ⽉ 27 ⽇

「番町の町並みを守る会」は千代⽥区番町地区で計画されている⽇本テレビ麹町ビルの再開発計画および⽇本テレビ通り沿道まちづくり協議会にて地区計画の改正を視野に⼊れた検討がなされていることを契機として、番町のまちづくりを考えていくため 2018年5⽉に住⺠が⽴ち上げた会です。
その後、千代⽥区議会議⻑宛に陳情書を提出し、最終的に千数百名ものご署名をいただきました。また、千代⽥区が設置する⽇本テレビ通り沿道まちづくり協議会に正式に 2 名の委員委嘱を受け、徐々に住⺠の声を代表する役割も期待されるようになってきております。
その間、番町地域のまちづくりに関して、多くの⽅がフラットに参加し、議論できるようにあえて「代表」を置かずに活動を続けてまいりました。しかしながら、番町地域におけるまちづくりに対して今後、より責任を持ち、積極的に関わって⾏く姿勢を明らかにするため、この度、別紙のとおり基本⽅針を制定し、共同代表を置きましたのでお知らせさせていただきます。
共同代表は以下の 6 名ですが、私たちの活動は守る会の活動に賛同していただいている多くの住⺠により⽀えられています。
今後ともよろしくお願い致します。
茂⽊ 七左衞⾨ (六番町)
中原 秀⼈ (⼀番町)
⼤橋 智⼦ (⼥⼦学院 卒業⽣)
⼭本 光太郎 (四番町)
堀 義⼈ (⼆番町)
橋本 百合 (六番町)

番町の町並みを守る会HP https://www.bancho-machinami.com/
番町の町並みを守る会 Email bancho.kankyo@gmail.com

 
 
 

「番町の町並みを守る会」基本方針

 
一、当会は、番町の住民、地権者の合意の上で定められた既存の地区計画を守り、良好な住居・文教地区にふさわしい町並み、景観、環境を維持保全し、次の世代につなぐための活動を行うことを目的とする。
 
二、当会は、前条の目的を達成するために住民、教育機関、企業、行政、議会その他地域団体間の適切な意思の疎通の実現を目指し、次の活動を実施する。
(1) 都市計画、まちづくり関連の勉強会の開催
(2) 住民への情報提供
(3) 議会、行政に対する働き掛け及びこれらが設置、運営する各種委員会、協議会等への参加
(4) 専門家と連携しながら必要に応じた対応
 
三、当会の活動は会の目的に賛同する誰もが参加できるものとする。今後、住民を中心に守る会の目的に賛同する人を募り、その者を賛同人とする。
 
四、当会は運営委員会を置く。運営委員会は、共同代表、運営委員および事務局から構成される。共同代表は以下 6 名とする。
茂木 七左衞門 (六番町)
中原 秀人 (一番町)
大橋 智子 (女子学院 卒業生)
山本 光太郎 (四番町)
堀 義人 (二番町)
橋本 百合 (六番町)
 
五、当会の活動は特定の宗教、政党に偏らないものとする。
 
六、その他別途、会則を定めるものとする。
 
七、当会の連絡先は以下とする。
千代田区五番町 12−6 五番町マンション B1
Email:bancho.kankyo@gmail.com

 

私たちについて
お問い合わせ