番町の町並みを守る会
文字サイズ  

番町の町並みを守る会

       

新着情報

令和2年12月28日に千代田区長に対し要望書を提出致しました

2021.01.4

           

番町の町並みを守る会では、令和2年12月28日に千代田区長に対し、下記の要望書を提出致しました。

 
千代田区長 石川 雅己 殿

「番町の町並みを守る」共同代表
102-0085 千代田区六番町4-11  朝日六番町マンション501号

 

「都市計画マスタープラン」における「番町・麹町地域」の記述についての意見書

 

千代田区都市計画マスタープランの改定作業も大詰めを迎えて参りました。これまでの区役所、区議会、都市計画審議会の委員、関係者のご尽力に敬意を評します。

 

新年15日に開催予定の次回都市計画審議会に於いて実質的に素案が確定すると了解致しますが、番町の住宅街・文教地区としての位置づけを明確にする為に、番町の町並みを守る会として下記の通り、文言の微修正を要望致したく検討をお願いします。(ページは2020年10月13日に配布された改定素案(案)に基づく)

 

 

第4章 地域別まちづくりの方針 (P125)の下記の記述に太字部分を挿入。

 

「B軸別方針 個性ある拠点やまちのつながりを強めていくため、A地区別方針の下、それぞれの軸に沿ったグランドレベルのまちづくりの方針を示します。」尚、この文言は他の地域にも共通して使う事が可能と考えます。
(P137/149/161/174/186/199)

 

以上

 

 

この要望書提出の背景は下記の通りです。

1) 20年前に制定された現行の都市計画マスタープランでは、番町地域の整備方針は、一番町〜六番町、紀尾井町・麹町6丁目、麹町1〜6丁目のごとく、麹町・番町を細分化して、それぞれの地域の方針を述べておりました。

2)現在議論されている都市計画マスタープラン改訂案では、従来の地域の方針をA 地区別方針とB 軸別方針に分け、B 軸別方針に付いては「個性ある拠点やまちのつながりを強めていくため、軸に沿ったグランドレベルのまちづくりの方針を示します。」と言う記述の下、環境創造軸、都市機能連携軸とエリア回遊軸の三つの概念を導入しています。このエリア回遊軸に日テレ通りが含まれています。

3)都市計画マスタープラン改訂案のA 地区別方針では番町に付いて、中層・中高層(高さ60メートル以下)と言う言葉が維持されていますが、B 軸別方針にはこの言葉が入っていません。二番町地区計画は超高層ビル(高さ60メートル超)の建設を禁じています。守る会は、新しく導入された「B 軸別方針」が「A 地区別方針」の下にある事を明確にして欲しい、すなわち、超高層ビルの建設を誘導しないで欲しいと言う趣旨で要望書を提出致しました。

以上。

新年のご挨拶

2021.01.1

           

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

昨年は新型コロナ感染症の流行で、皆様たいへんご不自由をされたことと思います。今年はコロナを克服し、明るい年になりますようお祈り申し上げます。

番町の町並みを守る会(以下、「守る会」)は、2018年5月の立上げ以来、番町の町並みが如何にあるべきかを皆様と共に考えて参りました。まちづくり協議会への参加、合計で15回に及ぶ勉強会の開催、陳情書の起草と提出、都市計画審議会(以下、「都計審」)における都市計画マスタープラン(以下、「都市マス」)の改定に対する意見書の起草と提出、オープンハウス、公聴会などへの参加等々、今年の干支である丑の如く、番町の町並みのあるべき姿を模索してまいりました。

さて、我々の理想とする番町の町並みを維持できるかどうかの試金石が本年前半には訪れようとしています。それは、二番町に地区計画の高さ制限(60m)を超える超高層ビルを建設する計画があり、これに反対する住民の声が反映されるか否かということであります。

現在、千代田区は都計審において千代田区都市マスの改定作業を継続しております。昨年の12月中旬には千代田区の都計審千代田区都市マス改定検討部会が開催されて、ほぼ都市マスの改定内容が固まりました。今月、来月に掛けて、この改訂案が公聴会やパブコメにて公開される予定ですが、過去の事例を見てもパブコメにまで持ち込まれた案件が覆ることは滅多にありません。

千代田区都計審に提示された千代田区環境まちづくり部景観・都市計画課(以下、「都市計画課」)作成の案では、「中層・中高層」の建物からなる住居系複合市街地という番町の都市マス上の位置付けを、一旦は「中層・中高層」の文字を抹消したものに変化させましたが、昨年10月13日の都計審で再提示された都市計画課作成の案では「中層・中高層」の文言を復活させました。しかし、他方で新たに「エリア回遊軸」という項目を追加して、エリア回遊軸の一つである日テレ通りにおいては超高層ビル建設を容認できる余地を残しております。私達は、エリア回遊軸を説明する文章にも「中層・中高層」の文言を追加していただきたいと考えております。

さらには、たとえ、都市マスが現行のままであるとしても、再開発等促進区の提案が区議会で可決されれば、超高層ビルの建設は可能であるとの発言も見られる中、いまこそ住民の意思を一つにまとめて千代田区、千代田区区議会及び日本テレビに強く訴えかけていくことが必要であるとの思いが日に日に増しております。

今年3月までが正念場であります。千代田区の中で唯一、超高層ビルの無い番町で、二番町の一角に超高層ビルが建設されると、四番町、五番町・市ヶ谷にも同様の変化が続々と起こり、10年後には超高層ビルが乱立する住宅街・文教地区になってしまうことになるでしょう。どうかそうならないように、住民一丸となって超高層ビルのない、静かな住宅街・文教地区を守って行きたいと念願しております。

皆様におかれましてはご健康で一年を無事お過ごしになること、またコロナが終息することを願うと共に、皆様と一緒に素晴らしい番町の住環境を守り抜けますことを祈念いたします。

 

番町の町並みを守る会 共同代表一同

「景観と住環境を守る全国ネットワーク」機関誌2020.11.10号掲載

2020.12.5

           

「景観と住環境を守る全国ネットワーク」の機関誌2020.11.10号に「番町の町並みを守る会」のこれまでの経緯について共同代表の大橋が執筆しました。

【PDFはこちら】

 

ほかの地区の事例についてもご覧になりたい方は、下記からご覧ください。

http://machi-kaeru.com/_src/4609/景住ネットニュース20201110-05.pdf

情報一覧を見る

勉強会開催について

勉強会のご参加者からお寄せ頂いた意見はこちら

第十五回 R2. 12. 6 (日)

WEB(Zoom)にて開催
千代田区都市マスタープランの改定と日テレ沿道の開発に付いて 〜徹底検証〜

第十四回 R2. 09. 12 (土)

WEB(Zoom)にて開催
千代田区都市計画マスタープラン改定案を読み解く

第十三回 R2. 06. 21 (日)

WEB(Zoom)にて開催
「日テレ沿道はどうあるべきか?〜徹底検証〜」と題し。

第十二回 R1. 11. 25(月)

グロービス経営大学院にて
「都市マスタープランの改定と番町憲章」と題し。

第十一回 R1. 9. 19(木)

グロービス経営大学院にて
『代官山ルール』に学び、番町のまちづくりを考える、と題し。

第十回 R1. 6. 12(月)

市ヶ谷駅前・五番町でも超高層開発計画?
〜番町の町並みを守り、後世に引き継ぐために必要なこと〜​鍵は「住民の意思!」

第九回 H31. 4. 15(月)

『成城憲章』に学び、番町のまちづくりを考える。

第八回 H31. 2. 18(月)

『住民の望むまち番町をみんなでつくろう!』と題し。

第七回 H30. 11. 20(火)

大澤 昭彦 先生
高崎経済大学地域制作学部准教授を迎えて

第六回 H30. 10. 2(火)

堀 義人 グロービス経営大学院学長を迎えて

第五回 H30. 8. 29(土)

城所 哲夫 先生
東京大学都市工学科 准教授を迎えて。

第四回 H30. 8. 11(土)

ミニ勉強会

第三回 H30. 7. 28(土)

伊藤 滋 先生 東京大学名誉教授
「聞き手:城所 哲夫 東京大学都市工学科准教授」
を迎えて。

第二回  H30. 7. 7 (土)

ミニ勉強会

第一回 H30. 6. 16 (土)

福川 裕一 先生
千葉大学名誉教授 を迎えて。

       

その他の活動

       
その他の活動一覧を見る

関連掲載記事

都心の高級住宅地に超高層ビル
待った 静寂求め 名門女子校も異議

東京新聞(朝刊一面)
令和2年11月18日

高さ制限を2.5倍の150mに!
地区計画の見直しに揺れる番町地区

不動産経済FAX-LINE
平成30年11月11日

「番町」開発に住民反発
参考人招致で意見徴収

都政新報 (二面)
平成30年9月14日

       
関連記事一覧はこちら

 

私たちについて
ご寄付のお願い
お問い合わせ